ねふぃりむブログ

サークルねふぃりむは、同人活動に必要なイラスト・シナリオ制作の情報をお伝えします。 分かりやすいイラストと説明文で初心者から中級者向けのコンテンツまでをカバー。 公開している作品などをサンプルイラストに使用しており、理解しやすくて実践的な記事ばかり。 ためになった記事がございましたら、SNSなどでご紹介して頂ければと存じます!

イラスト初心者におすすめしたい本7選!キャラも背景も基本が大切

time 2017/09/04

イラスト初心者におすすめしたい本7選!キャラも背景も基本が大切

キャラの背景も上手く描けないとお悩みのイラスト初心者におすすめな本・参考書を7冊紹介します。どれも筆者の経験から初心者向けだと言えるものばかり。特徴と使い方を知り、自分に最適な本を探してみてください。タイトルに特定のソフト名がありますが、持っていなくても利用出来る本ばかりを選んでいるので安心してお読みください。

一からキャラの描き方を学べるの本2冊

何はともあれまずはキャラから学ぶのが初心者には良い方法です。以下の本を見て学んで、キャラの基本を理解していきましょう。

上達する!マンガキャラ・デッサン

基本の基本が説明されていて、筆者の経験からも初心者に強くおすすめ出来る一冊。全くの初心者が「アニメ絵」的なタッチが描けるようになれる本です。絵柄もスタンダードで見やすいのが特徴でもあります。

チャプター別でとことん初心者に優しい構成も魅力です。

「基本編」では、唇、口、筋肉、筋肉の動き、骨、耳などの形状を生物学的に正しく学べます。「実用編」では豊富な例を見ながら学んでいくことができます。「応用編」では、すべての「基本編」「実用編」の復習ができるような構成です。

サンプルイラストの種類が多い点と、アマゾンで中古1円で購入可能な点を考えるとコスパも最高です。

とにかくわかりやすく、この本一冊を学び終えると、キャラの基本は理解できた言って良いほど。どこから始めようか迷っている初心者イラストレーターは、迷わずこれ! な本です。

対象者:イラストを始めたい人、描いていてキャラで戸惑うことが多い方。

使い方:見て読んで理解しつつ、それぞれをデッサンして慣れる・身につける。

女の子の服 イラストポーズ集 そのまま使えるシワパーツ800

タイトル通り800種類のシワのあるキャラ(デッサン人形)が描かれている本。制服、パーカー、Tシャツ、ブラウスなど素材の性質由来のシワの描き方が学べます。

「シワを学ぶ」ってマニアックすぎない? と思いきや、これが「キャラ」のリアリティ向上につながるのです。「シワのない服を着たキャラ」はものすごくレアでしょうからね。

「考えながら見る」ことを意識すれば、イラストの省略化についても見えてくるはずです。そんなイラストが多いのです。

さて、シワはキャラだけに必要なのではありません。背景や部屋を描くときも「布・シルク・カーテン・クッション」などのイラスト(オブジェクト)には、シワはありますよね。そういう意味では背景イラストのためにもなる本なのです。

対象者:リアリティのあるキャラ絵が描きたい人

    服の描き方にこだわりがある人

    背景で「シワが出る素材」を描く予定の人、覚えたい人。

   (金属系の多いスチームパンクなどにしか興味がない方はスルー可)

使い方:見て読んで理解しつつ、それぞれをデッサンして慣れる・身につける。

背景イラスの初心者が見るべき本3冊

背景イラストを描きたい方必見の本を紹介します。「SAI」「clipstudio」「Photoshop」などのソフト名が出てきますが、それらのソフトを持っていなくても、十分に読む価値がある本だけを厳選しています。

「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く!心を揺さぶる風景の秘訣

美しい背景イラストを見ながら、早く描く方法細かく描く方法が学べます。フォトバッシュ黄金比視線誘導などの説明もあり、中級者になっても使えるのが特徴です。

背景イラストのメイキング(完成までを段階別で示すもの)が多く、そのイラストに基づいて詳しくて丁寧な説明があります。簡単な方法から難しい方法へとレベルが上がる構成になっているのも初心者に優しくあります。

本の最後に「テクニックの索引(インデックス)」があるので、とことんわかりやすい構成になっています。本のタイトルには「ファンタジー」の文字がありますが、背景(風景、街など)全般を学べる良書です。

背景イラストを上達させたい人は、せめてこれだけはレベルで持っておきたい本だと言えます。

対象者:背景イラストの初心者~中級者

使い方:1:全部を通してみる

    2:背景イラストで疑問が出たら「索引」から調べてその都度参考にする

スーパーデッサン キャラが立つ遠近法のすべて

パースを使った背景の基本が分かる本です。タイトルに「デッサン」とありますが、この本は「パースと遠近法」と「背景」をメインに学ぶものと考えて間違いありません。背景を描くのが楽になるテクニックが満載です。

オブジェクトの中心」の取り方や「1~3点透視」「等倍分割」「増殖法」「背景に人物を合わせる方法」「パース作画」が背景を描きやすくするための知識です。

具体的には、以下のようなことを学べます。

1点透視」…… 廊下、道路などの通路に応用可能

2点透視」…… 建物の描き方(これは風景にも応用できる)

3点透視」…… ビルや階段の描き方

上記の専門的なワードがなんだかピンとこない人(=かなりの初心者の方)は、この本の一読をおすすめします。難しそうな単語だと恐れる必要はありません。ページ数が多く、丁寧な説明が何度も繰り返されている構成だからです。基本の基本が網羅されているんで、全てをマスターするつもりで読み込みましょう。

対象者:背景全く書いたことない人、上の専門用語を知らない人

使い方:見て読んで理解しつつ、それぞれをデッサンして慣れる・身につける

ステップアップ式 SAI×Photoshopで描く 背景レッスン~季節や時の流れを自在に表現する

「カメラ目線」「フレア」「ぼかし」の使い方を説明してくれる良書がこちらです。パースに忠実な作者(garnetさん)のリアルなイラストを使って勉強できます

SAI、Photoshopと記載がありますが、クリップスタジオや他のツールでも応用できるテクニックが書かれています。

季節ごとの光(光源)の描きかたも学べます。光の見せ方に注目してみても得られるものが多いでしょう。

「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く!心を揺さぶる風景の秘訣』を学んだ後に読むべき本だと言えます。なぜならば、この2冊の描き方は対称的であり、読めば描き方の幅が広がるからです(よー清水さんはラフを軽く使いますが、garnetさんはラフが綿密で骨組みもしっかりしている点などが違い)。

対象者:背景初心者で『「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く!心を揺さぶる風景の秘訣」』を見た人(見ていない人でも大丈夫だろうが、本ブログでは2つを読むことをお勧めする)

使い方:見て理解する。無理にデッサンしようとしない(できたらプロだろう)

初心者がキャラをもっと上手く描くための本2冊

上で紹介した基本の基本の本を読んだ後には、以下の本で「キャラの描き方」を数多く学ぶのがおすすめです。幅広く学ぶと、自分が描きたいものを描けるようになっていきます。

プロの絵師に学ぶ水彩塗り 上達テクニック

4名の絵師(イラストレーター)のメイキングを見ながら、水彩塗りが学べる本です。水彩塗りも「アニメ塗り」「厚塗り」などと同じく「塗りの一種」なのです。ファンタジー風な塗り方も覚えられるので、背景にも応用が可能です。

4名の絵師の描き方には、それぞれ個性・特徴があります。自分が取り入れたい描き方、試したい描き方などが見えてくるでしょう。「ラフ」「アナログの利用」「仕上げ方」がこんなに違うのか! と目からウロコな体験ができる本なのです(つまり「唯一絶対の正しい方法はない」とも判明しますね)。

各絵師の特徴をざっくり書くと

とりのあくあ:肉体の立体感がある、ファンタジー的で早い塗りをしている

おにねこ  :幻想的な配色がされている

今野隼史  :センスの良い表現をしている

となります。

対象者:塗りがイマイチな人、線画から塗りに入る時に不安を感じる人

使い方:考えながら見る。自分のイラストに描き方を増やす

表現したい世界を描く! CLIP STUDIO PAINT PRO イラストレーションテクニック

こちらも3名のイラストレーターのキャラの描き方が学べます。クリップスタジオを持っていなくとも、参考になる本です。以下のようなクリップスタジオの使い方やコツが学べる数少ない本でもあります。

(当サイトではこちらからクリップスタジオのコツを公開しております→)

「メッシュ変形」「クリッピングマスク」「オーバーレイ」などの説明があります。全て使用例が豊富で、初心者でも使いやすい、読みやすいのが特徴です。学んだら自分のイラストの描き方に取り入れやすく作られています。

対象者:どういうキャラを描くべきか分からない人

使い方:考えながら見る。自分のイラストに描き方を増やす。キャラ作成のヒントに使う

【まとめ】

  • 初心者は、基本から学べる本とその使い方を知るべき
  • 初心者は、多くの描き方を学んで自分のものにするのが重要

down

コメントする




管理人プロフィール

或華路伊人(あるかろいど)

或華路伊人(あるかろいど)

未来の大手同人音声サークル「ねふぃりむ」の広報やシナリオを担当しております。 仕事はフリーランスのライター関係をやっています。小説、シナリオ、ゲームテキスト、コピー・ネーミング、記事など。

人気記事

最近のコメント