ねふぃりむブログ

サークルねふぃりむは、同人活動に必要なイラスト・シナリオ制作の情報をお伝えします。 分かりやすいイラストと説明文で初心者から中級者向けのコンテンツまでをカバー。 公開している作品などをサンプルイラストに使用しており、理解しやすくて実践的な記事ばかり。 ためになった記事がございましたら、SNSなどでご紹介して頂ければと存じます!

コレで分かる選択範囲|複数選択・選択範囲の追加まで流れで学ぼう!

time 2017/10/05

コレで分かる選択範囲|複数選択・選択範囲の追加まで流れで学ぼう!

選択範囲の基本を学べばイラストの作業効率が上がります。また、選択範囲をしないと反転やコピペなどのデジタルならではの便利機能が部分的にしか使えません。この記事では基本から複数のレイヤーにあるオブジェクトの選択、選択範囲の追加と解除を丁寧に説明します。イラストや画像が豊富で、苦手な方でも分かりやすくなっています。

選択範囲の基本説明

選択範囲とは何かということと、ランチャーの使い方、各種ツールについての説明をします。基本的な内容だからとスルーせずに、実際にクリスタを使って試してみましょう。すると、どんどん手に馴染んでいくのが実感できるはずです。

選択範囲とは?

クリスタの選択範囲

画像右側の四角い点線部分選択範囲です。レイヤー全体ではなく、イラスト(オブジェクト)の一部だけを修正・変化させたい場合などに使います。

塗りつぶしペンやブラシでの描き足しコピペ変形移動切り抜き…などなど、様々な変更の基本になるものです。選択範囲を学べば、イラスト制作がさらに効率よくなること間違いなしです。

選択範囲ランチャーとは

クリスタの選択範囲ランチャー

選択範囲を取る(=選択範囲を決める、表示させる)と、アイコンが入ったバーが表示されます。これを「選択範囲ランチャー」と呼びます。

基本的なアイコンの機能説明を添えましたので、ざっと流し見してください。全て選択範囲関連のものだと分かります。アイコンが機能を反映した図柄になっているので、覚えやすくなっていますね。

しかし、最終的には使わないものも出るでしょう、全部を暗記しようとせず、手に馴染ませるイメージで使い慣れていくのが賢い使い方だと言えます。

選択範囲の基本的な使い方

クリスタの選択範囲

例えば、選択した箇所だけにバケツアイコンの塗りつぶしを使うと、イラストの右上のように限定的に塗りつぶし機能が使えます。

範囲を選択していないならば、当然ながらレイヤー全体を塗りつぶすことになります。塗りたい箇所だけをピンポイントで塗るのに便利だと分かりますね。

 

クリスタの選択範囲

上の例では、選択範囲の内部だけペンやブラシで描き足しています。「とうふ」という文字は、範囲の外には表示されていません。

漫画のトーンやべた塗りの範囲を決めるようなイメージで使える機能だということも分かります。

選択範囲のツールの種類

クリスタの選択範囲

ツールパレットに表示されている点線系のアイコンを選ぶと選択範囲を指定できるようになります。各種ツールの特徴などを理解していきましょう。

矩形選択ツール

矩形選択ツール

矩形(くけい)選択ツールは、長方形に範囲が指定できるツールです。レイヤー上にオブジェクトの数が少ない時、そのオブジェクトをコピペしていく時などに使えるでしょう。

キーボードのshiftキーを押しながら選択すると、自動的に正方形に調整してくれます。しかし、筆者はあまり利用していません。

綺麗に長方形や正方形を選択したい場合が少ないからです。皆さんは使うかもしれないので、念のためご紹介しております。

楕円選択ツール

楕円形選択ツール

こちらは楕円形に範囲を決められるツールです。漫画を描く方は吹き出しなどに使うことが多いかと思います。

キーボードのshiftキーを押しながら選択すると、自動的に円(まんまる)に調整してくれます。こちらも筆者はあまり利用していませんが、どのソフトでも応用できるので覚えておくと便利かもしれません。

投げ縄選択ツール

投げ縄選択ツール

さて、ここまでの選択ツールが大雑把に選択するのに対して、この投げ縄選択ツール自由に細かく指定できます。上のイラストでは「と」と言う文字を選択して抜き出してみました。

注意点は、しっかりと囲い終えることです。「と」の文字をよく見ると、円をゆがませた風になっています。「○」のように穴を開けずに閉じるのを心がけましょう。

折れ線選択ツール

折れ線選択ツール

 こちらも便利な選択ツールです。クリックした点と点をつなぐ直線を使って範囲を決めるのが折れ線選択ツールです。点と点の距離を狭めれば、投げ縄選択ツール的な使い方もできます。

複数のレイヤー・選択範囲の解除

複数のレイヤーにまたがっているイラスト(オブジェクト)も同時に選択範囲を取ることができます。また、選択したい範囲を間違えた場合に選択範囲を解除する方法も同時に確認していきましょう。レイヤー構造をしっかりと確認してみてください。

選択範囲で複数のレイヤーを選択する

クリスタの選択範囲

今回の例では3つのレイヤーを使います。レイヤー1には「UFO」レイヤー2には「右側にある豆腐」レイヤー3には「左側にある豆腐」が描かれています。豆腐がUFOに吸い込まれる風にしたかったので、レイヤー1にUFOを置きました。

実際に選択範囲を取るのはレイヤー2と3の左右にある豆腐です。UFOのレイヤーはお遊びで追加しただけです。豆腐の動きに注目して行ってください。

右側の豆腐だけを動かす

クリスタの選択範囲

レイヤーパレットでレイヤー2(右豆腐)のレイヤーにチェックを入れました。そして、選択範囲で左右二つの豆腐を選択します。

一見、2つの豆腐が選択できていそうですが・・・

クリスタの選択範囲

上の例のように、上のレイヤーにある豆腐、つまりレイヤー2の右側豆腐だけが移動しています。選択できたのは、チェックを入れたレイヤーのオブジェクトだけでした。

チェックが入っていないレイヤー3の左豆腐はスルーされた形になります。このような使い方もできるのだと覚えておきましょう。

左右の豆腐を動かす

クリスタの選択範囲

次は、複数のレイヤーに描かれたオブジェクトを同時に選択し移動させてみます。レイヤー2と3の両方にチェックが入っていますね。さて、UFOはどのように豆腐を吸い込んでくれるでしょうか?

クリスタの選択範囲

上記のように、複数のレイヤーにまたがっているイラストも同時に選択し移動させることができます。

範囲選択で両方の豆腐を囲んだからではなく、レイヤー2と3に選択範囲の効果を広げたから左右の豆腐が動かせたという点をしっかりと理解しましょう。

選択範囲の解除

クリスタの選択範囲の解除

解除したい場合には、範囲外を一回(左)クリックするか、選択範囲を削除するアイコンを押しましょう。範囲外クリックの方が楽なのは言うまでもありませんね。

時間はかかりますが、標準のショートカットキーの「Ctrl + D」で解除することもできます。

 

選択範囲の追加

一つのレイヤー上で複数の選択範囲を取る方法をみていきましょう。また、サブツール詳細にある4つのアイコンの意味も同時に解説していきます。これも、使わないものも出てくると思います。イラストを描く時に実際に使いながら慣れていくのがおすすめです。

サブツール詳細の4つのアイコン

クリスタの選択範囲の追加

「ウィンドウ → メニュー → サブツール詳細」を選択すると、画像左のようなウィンドウが表示されます。選択範囲の項目の内部に4タイプのアイコンがあります。便宜上A〜Dに分けてみました。

一見ややこしく見えますが、なんのことはありません。1つ1つ確認していきましょう。

A:通常(現在の選択とは別個に追加)

クリスタの選択範囲の追加

特にアイコンをいじっていない場合は、このAの設定になっています。これを選ぶと、上のイメージのような独立した選択範囲を増やしていくことができます。

クリスタの選択範囲の追加

合計で3つの選択範囲がありますが、重なっていませんね。このように選択範囲を追加したい場合はAのアイコンを選びましょう。

このAと次のBの追加のパターンを知れば十分だというのが筆者の持論です。もし、難しく感じた場合はABの2つだけを理解していれば大きな問題は感じないで済むでしょう。

B:現在の選択に追加(追加して合成)

クリスタの選択範囲の追加

さて、こちらも追加になりますが、Aとの違いは2つの選択範囲が合わさる(合成される)点です。

イメージのように、重なりあった部分が消えて、外側だけが残ります。もう少し範囲を増やしたい時には重宝します。

クリスタの選択範囲の追加

1の大きな四角に、2で小さい四角(楕円)を追加しています。よって、3で一つの大きな選択範囲が取れました。

選択範囲の数を追加するのではなく、面積を追加するのがBです

現在の選択から削除

クリスタの選択範囲の追加

厳密には追加ではありませんが、まとめて覚えてしまうと楽なのでCも説明します。CはBの逆だとも考えられますね。

1の基本となる範囲に、2で次の範囲を重ねます。すると、2の範囲が1の領土を刈りとるようなイメージで、1の面積が減ります。

クリスタの選択範囲の追加

Bの例で増やした箇所を1として使います。2では出っ張った箇所を選びます。すると、出っ張りが消えて、3のような四角になりました。

選択範囲を多く取りすぎてしまったので、減らしながら微調整したい時には使えるかも知れません。

現在の選択から選択

クリスタの選択範囲の追加

こちらは、1と2の範囲の共通点だけを残すタイプです。

クリスタの選択範囲の追加

1で大きな四角を選びました。2では右側を選択しています。すると、3で1と2の共通した範囲が残りました。

 

終わりに

これで選択範囲の基本が理解できました。これらの知識をベースにすると、反転や変形などの実践的なクリスタの機能を学ぶことができます。

次の記事では選択範囲を応用してイラストを楽に描く方法を解説していきます。なるべく一気に読んでいただきたいと思っております。

down

コメントする




管理人プロフィール

或華路伊人(あるかろいど)

或華路伊人(あるかろいど)

未来の大手同人音声サークル「ねふぃりむ」の広報やシナリオを担当しております。 仕事はフリーランスのライター関係をやっています。小説、シナリオ、ゲームテキスト、コピー・ネーミング、記事など。

人気記事

最近のコメント